【2022年】Web制作はオワコンなの?【Web制作者が徹底解説】

ALL WEB制作 副業・フリーランス

  • 「Web制作ってオワコンなの?」
  • 「ネットだとオワコンって言われてるし…」
  • 「本当のところを教えて欲しい!」

ネットの情報ではWeb制作はオワコンという声が多いですよね。初心者の方はWeb制作がオワコンなのか不安に思っている方も多いはず。

そんな中、この記事ではWeb制作の副業は稼げるのかについて徹底解説します。

この記事を読めば、Web制作が稼げるかどうかが分かります。

結論から言うと

全然オワコンじゃないです。

ちなみに私は、Web制作フリーランスとして約3年ほど活動しています。

本記事の内容

  1. Web制作の副業は稼げない?結論:全然稼げる
  2. なぜWeb制作はオワコンと言われるのか
  3. 結論:副業で稼ぎたいならノーコード1択
  4. Web制作オワコンの声は無視していい
  5. まとめ:Web制作はまだまだ稼げる職種です



Web制作はオワコンなの?結論:オワコンじゃない


結論から言うと、全然オワコンじゃないです。

私は現在、Web制作フリーランスとして活動していますが、平均しても月100万は稼いでいます。

そんなWeb制作について、下記から詳しく解説していきます。

なぜWeb制作はオワコンと言われるのか

はてな
主な理由が下記の通り

  • 低価格の競争に巻き込まれやすい
  • ノーコードツールによって代替される

これらは確かにWeb制作に当てはまりますが、解決する方法はいくつかあります。

下記から解決法を紹介していきます。

低価格の競争はクラウドソーシングで起こる

結論として、低価格の競争に巻き込まれる心配はありません。

理由としては、Web制作の低価格の競争はクラウドソーシングで起こります。

クラウドソーシングの例を挙げると

ココナラ、ランサーズ、クラウドワークスなど

逆に、これらを使わずにWeb制作の営業を行えば単価は高いです。

私の一番のおすすめは、エンド営業ですね。

エンド営業は仲介人がいないため、単価が全て自分の手元に入ってきます。

なのでクラウドワークスと同じ仕事内容でも、単価が10倍以上違うことはザラにあります。

なお、エンド営業について詳しく知りたい方は【Web制作】エンド営業とは?特徴やメリットを徹底解説!の記事をどうぞ。

ノーコードツールの代替は悪いことではない

結論として、ノーコードツールに代替されることは悪いことではないです。

むしろノーコードを利用すれば、Web制作の可能性はもっと広がります。

なぜかというと、ノーコードは誰でも簡単に操作できるため、コードが書けなくても月10万くらいは余裕だからです。

私も過去にSTUDIOというノーコードツールを使って、15万円ほどで受注した経験があります。

ノーコードの具体的な学習法については、【Webサイト制作者向け】ノーコードツールのおすすめ2選を紹介!の記事をどうぞ。

サイト制作だけでは稼ぎにくい

ただし、ノーコードでサイト制作ができるだけでは単価は上がりません。

サイト制作はあくまでエンドクライアントと繋がるための手段だと思って下さい。

Web制作で稼ぐ際に大事なことは、サイト制作と一緒にマーケティングの仕事を受注することです。

これらの話は次で詳しく話します。

Web制作でマーケティングのスキルは必須

データ
結論、Web制作でマーケティングのスキルは必須です。

理由としては、サイト制作だけでは収入の上限値が決まってくるからです。

サイト制作だけで稼ぐと考えたら、Web制作がオワコンと言われてもおかしくはないです。

Web制作と相性の良いマーケティングスキル

  • SNS運用
  • SEO対策
  • MEO対策

エンドクライアント相手にサイト制作を受注した際に、一緒にこれらのスキルを提案すると大体任せて貰えます。

これができるかできないかで、月に稼げる上限値はかなり変わりますね。

ノーコード✖️エンド営業✖️マーケティングがおすすめ

個人的に初心者にはノーコード✖️エンド営業✖️マーケティングがおすすめです。

この組み合わせで活動すれば、月50万は稼げると思います。

もっと収入を上げたいならコーディングの知識も身につけるべきですが、挫折してしまっては何の意味もないので、まず初心者にはノーコードをおすすめしています。

なお、ノーコードとエンド営業とマーケティングについては下記の記事をどうぞ



Web制作オワコンの声は無視していい

女性
Web制作がオワコンではない理由をまとめました。

  • 低価格競争の問題はエンド営業で解決できる
  • ノーコードはむしろ稼ぐチャンス
  • マーケティングスキルを合わせれば高単価で受注可能
  • 自分自身が月平均100万程度は稼いでいる

こんな感じです。
大体オワコンだとか言う人に限って大して勉強もしてないですからね。

Web制作はまだまだ稼げるので、そこは安心してください。

補足:お金の流れが大きい業界を選ぼう

少し話はそれますが、Web制作以外の職種についても触れておきます。

結論として、Web系で働くのがオススメですよと言う話。

なぜならお金の流れが大きく、まさにバブルな業界だからです。

正直いま、「銀行に入りたい!」と思っている人は、ちょっと情報感度が低いかなという印象です。

「お金の流れが少ない業界=自分の収入も少なくなる」と思っておいた方が良いですね。

なお、Web業界に興味がある方は下にある2つの記事も読んでみてください。

まとめ:Web制作は素晴らしい

ブランコ 女性
結論、Web制作は素晴らしい職種です。

特にこれからWeb系の道へ進みたいと思っている初心者には、ぜひおすすめしたいです。

これからも違う職種の人たちがWeb制作の批判をすると思いますが、結局は稼げるので関係ないですね。

私の周りにもWeb制作で生活している人はたくさんいるので、今より生活を豊かにしたいという方は是非検討してみてください。

関連記事も載せておきます。