【無料配布】Web制作で受注率の上がる見積書作成とテンプレを公開!

ALL WEB制作 副業・フリーランス 営業・マーケティング

  • 「Web制作の相場感ってどんな感じかな」
  • 「見積書ってどうやって作成するんだろう…」
  • 「見積書のテンプレも教えて欲しい!」

Web制作の案件を獲得する際に、必ず見積書は作成します。

ですが、中には「見積書ってなに?」「どうやって作るの?」と思っている人も多いはず。

そんな中、当記事ではWeb制作で受注率の上がる見積書作成とテンプレを公開します。

この記事を読めば、見積書に対する不安は薄まるはず。

ちなみに私は、Web制作フリーランスとして3年ほど活動しています。

本記事の内容

Web制作の相場感は?

お金

結論から言うと、Web制作に相場はありません。

一応ネット上で言われている相場感としては、ホームページ作成費用の相場を解説!料金を左右するポイントとはの記事をどうぞ。

相場は、当てにしなくていい

上記の記事を見てもらうと分かる通り、ものすごくアバウトなものです。

例えると、服と同じですね。

ユニクロとヴィトンの服、機能的にはほぼ同じだけど、値段は全く違いますよね。

実はWeb制作もこれに似たような感じで、大手の制作会社が絡んでくると高くなってきます。

見積書の作成を学ぶ方法

結論として、

実際に見積書を作成してみる

これしかないです。

「Web制作 会社」と調べれば、たくさんの企業が出てきます。

そこに見積依頼を出してみましょう。あまりキレイな方法ではないですが、みんなやっていると思います。

そこで5社ほど見積が分かれば、どういった見積が優秀なのかが分かるはず。

そういったものを参考にしながら、実際に自分で作ってみるのが大事です。

Web制作で受注率の上がる見積書の作成法

お金
意識するポイントは1点のみです。

とにかく細分化をする

これができるかできないかで、受注率は変わって来ます。

初心者の方は、とにかくこの1点を意識しましょう。

それでは解説していきます。

ポイント:とにかく細分化

見積書作成で1番重要なことは、顧客に納得してもらう事です。

基本的に顧客は、Web制作について知識が全くないと思ってください。

A社の見積

  • サイト制作費:25万
  • WordPress費用:5万
  • 合計:30万

B社の見積

  • トップページ制作費:10万
  • 下層ページ制作費:3万×5ページ
  • WordPressインストール費用:3万
  • WordPress初期設定費用:2万
  • 合計:30万

この2つを見比べたときに、あなたはどちらの会社を選びたいですか?

当然Bの会社を選びたいと思いますよね。

このように、見積書を細分化して、顧客に「納得感」を感じてもらうことが重要です。

Web制作で使える見積書のテンプレを無料配布

最後に皆さんが使えるテンプレを載せておきます。

基本的に赤文字のところを各自で変えていただければOKです。

ダウンロードは下記からできます。
» 見積書のダウンロードはこちらから

それでは今回は以上です。

最後に記事のポイントをまとめておきます。

  • 見積書作成で大事なことは、相手に納得してもらうこと。
  • そのためにも「見積りの細分化」が大事

こんな感じです。

最後までご覧いただきありがとうございました。