【テンプレ公開】Web制作のヒアリングシートの作成方法を徹底解説!

ALL WEB制作 副業・フリーランス 営業・マーケティング

  • 「Web制作のヒアリングシートって何だろう?」」
  • 「どうやって作成するんだろう?」
  • 「ヒアリングシートのテンプレも教えて欲しい!」

Web制作の案件を獲得する際に、必ずヒアリングシートは作成します。

ですが、中には「ヒアリングシートってなに?」「どうやって作るの?」と思っている人も多いはず。

そんな中、当記事ではWeb制作のヒアリングシートの作成方法とテンプレを公開します。

この記事を読めば、ヒアリングシートに対する理解は深まるはず。

ちなみに私は、Web制作フリーランスとして3年ほど活動しています。

本記事の内容



ヒアリングシートとは?

疑問
ヒアリングシートとは、サイト制作をするに当たって、顧客の意向、要望を聞くために用いるものです。

ヒアリングシートを用いることにより、顧客が抱える問題や要望を明確にでき、質が高く、満足度の高いサイト制作に繋がります。
  • どのようなサイトを作りたいのか
  • 何ページくらいのサイトを想定しているのか
  • 画像素材などはどちらが用意するのか

こういったことは、お互い必ず把握しておきましょう。

よくある質問:ヒアリングするタイミングは?

結論から言うと、サイト制作を始める前です。

注意点としては、途中でヒアリングはしないことです。必ず最初に聞いておくようにしてください。

理由としては、制作者と顧客のイメージが異なってしまうからです。あらかじめ考えが一致するように、ヒアリングは丁寧に行いましょう。

ヒアリングにおける3つのポイント

ヒアリングにおけるポイントは3つあり、下記のとおりです。

  1. 事前にしっかり準備しておく
  2. 事前に報酬の半分を振り込めないかを確認する
  3. サイトの保守・運用費は別報酬だと言うことを伝える

では、それぞれ解説していきます。

ポイント①:事前にしっかり準備しておく

ヒアリングシートは抜け漏れの無いように、事前にしっかり準備してください。

何も準備せずに取り組むと、後から聞かなければいけないことが増えます。そうなると、顧客に面倒が掛かり、嫌な印象を持たれてしまいます。

また、ヒアリングシートを作成することで、顧客の要望を文章に残せるんですよね。

後から「これは言った、言ってない」といった言い合いになることを防止できるので、しっかりヒアリングはとるようにしてください。

ポイント②:事前に報酬の半分を振り込めないかを確認する

サイト制作に取り掛かる前に、事前に報酬の半分を振り込めないかを顧客に確認しましょう。

確認する理由としては、納品したにも関わらず、報酬が振り込まれないリスクを半減させるためです。

特にエンドクライアントの場合、納品したのに報酬が振り込まれないことはたまにあるので、必ず聞いてください。

ポイント③:サイトの保守・運用費は別報酬だと言うことを伝える

結論として、サイトの保守・運用費はサブスクリプション式(数千円〜数万円)で貰うことを事前に伝えましょう。

単発で貰うより、サブスク式で貰った方が、毎月の報酬が入るので個人的にオススメです。

サイト制作費とは別でお金を取ることはしっかり伝えましょう。

先に言っておかないと、後から追加でお金を取るみたいになって、印象も悪くなりやすいので。



ヒアリングシートのサンプルを公開

案件で使えるヒアリングシートのサンプルは下記のとおりです。

ヒアリングシートはエクセルなどを使用する人もいますが、私のオススメはGoogleフォームです。

Googleフォームを使ってヒアリングシートを作成すると、操作性がよく、またスマホでも扱えるため便利です。

各自、Googleフォームを使って上記のようなヒアリングシートを作成してみてください。

まとめ


Web制作において、ヒアリングはとても大事な作業です。

ヒアリングをしっかり行えると、顧客の要望を聞き出すだけではなく、案件自体もスムーズに行えるため、ぜひ注力をして欲しいパートです。

今日のヒアリングシートの例を参考に、ぜひ自分自身でシートの作成を行なってほしいと思います。

それでは今回は以上となります。(^ ^)