Web制作フリーランスとして「初受注」する際に必要なスキルを解説!

ALL WEB制作

  • 「いまWeb制作を勉強してるけど」
  • 「納品ってどうやるのかな…」
  • 「本当のところを教えて欲しい!」

Web制作の勉強をしていると、「いつ案件を取れば良いんだろう」と悩む人は多いと思います。

実際に私も、案件獲得のタイミングに悩んでました。

そんな中、当記事ではWeb制作フリーランスとして初受注する際に必要なスキルについて解説します。

この記事を読めば、どのタイミングで案件を取りに行くべきかが分かります。

結論として、

案件の内容を8割ほどイメージできたら、受注してOKです。

ちなみに私は、Web制作フリーランスとして3年ほど活動しています。

本記事の内容



Web制作フリーランスとして初受注に必要なスキル

初受注に必要なスキル

案件の内容を8割ほどイメージできたら、受注してOKです。

具体的には、発注者から「こういうサイトが作りたい」という内容に対して、「8割ほど理解できる」という状態です。

細かいところまで完璧にする必要はありません。

案件をこなしながら成長すればOKです。

私が初受注した際の経験談

私が初受注した際は下記のような状況でした。

  • 学習期間:4ヶ月程度
  • 受注方法:エンド営業
  • 構築方法:WordPressによるサイト作り
  • 受注単価:20万ほど

なお、その当時のスキルは下記のとおり。

  • HTML/CSS
  • jQuery(JavaScript)
  • PHP
  • WordPress

どのスキルもまだまだ未熟なものでした。

デザインに関しては、私自身スキルがなかったため、SNSでデザイナーに頼みました。

初案件の不安な点

私の場合は、どのように納品をすれば良いかが分からなかったので、そこに不安は感じていました。

ですが、結論として「発注者と話し合いながら進めた」ので、そこまで問題は起こらなかったです。

初心者から多い質問として、「納品方法がわかりません」と聞かれますが、その答えは「発注者に聞けばOK」です。

そして、大半の発注者は「よく分からない」と言いますので、そしたら自分がやりやすい方法で提案したらOKです。

よくある質問①:初受注までのスキルはどうやって学びますか?

結論は、スクールor独学でスキルを身につけてください。

私自身はスクールで学んだのですが、独学が自分に合う人もいますし、人それぞれです。

とにかく自分に合った学習法を見つけて、早くスキルを身につけましょう。

なお、スクールor独学で悩んでいる人は、下記の記事を参考にしてみてください。
» 【Web制作者向け】独学VSプログラミングスクール!【結論:両方おすすめ】

よくある質問②:デザインはどうしますか?

Web制作フリーランスを目指す方からのよくある質問で「案件獲得したいけど、デザインが出来ません。デザインも勉強するべきですか?」と聞かれたりしますが、結論は「どちらでもOK」です。

自分で勉強してもいいし、フリーランスのデザイナーに発注するのもありです。

こういった回答をすると「受注単価が安くて、デザイナー発注費を出すのが難しいです」と聞かれたりもしますが、その場合は「駆け出しデザイナー」を探しましょう。

Twitterで探せばいると思いますし、実績を作りたいデザイナーなら、単価が多少低くても、OKしてくれると思います。

なお、Web制作者がデザインをするべきかについて、詳しく知りたい人はWeb制作者はデザインも勉強するべき?【結論:しなくていい】の記事をどうぞ。


初案件は多少の「背伸び」が大事

日を浴びる女性
今回の記事のポイントをまとめます。

  • Web制作フリーランスの初受注は、8割ほどイメージできたらOK。
  • 初受注は怖いです。しかし勇気を持って受注するべき。
  • 最初の頃は不安かも。ですがチャレンジ精神が大事。

Web制作フリーランスとして稼ぐには、ある程度「痛み」も負わなければいけません。

特に最初の頃は、「案件獲得が不安…」「自分にできるのかな」と思ってしまいがちですが、少し背伸びをすることが大事です。

ワクチンと一緒で、痛みを伴うことで自分自身が成長します。

最初のうちは、傷つくことを恐れずに、どんどんチャレンジして欲しいと思います。

それでは以上となります。