Web制作の営業法3選を解説!【結論:エンド営業がオススメです】

ALL WEB制作 営業・マーケティング

  • 「Web制作の勉強は終わったけど」
  • 「これから何をすれば良いの?」
  • 「オススメの営業方法を教えて欲しい!」

Web制作は営業をしなければ案件獲得はできません。でも営業方法が分からなくて悩んでいる人は多いはず。

そんな中、この記事ではWeb制作の営業法3選について徹底解説します。

この記事を読めば、どのような方法で営業したら良いかが分かります。

結論から言うと

エンド営業がオススメです。

ちなみに私は、Web制作フリーランスとして3年ほど活動しています。

目次

  1. 案件獲得には営業は不可欠
  2. Web制作の主な営業方法3選
  3. Web制作の営業で上手くいくコツ

案件獲得には営業は不可欠


結論として、Web制作で稼ぐのに営業は不可欠です。

なぜかと言うと、Web制作スキルがあるだけじゃ誰も案件はくれないからです。

案件をもらうためには、自分がWeb制作ができることを営業で知ってもらう必要があります。

実際に自分もそうですが、SNSでWeb制作について発信している人も必ず営業はやってます。

ですが、インフルエンサーの多くは「やれば稼げる」としか言わないので、みんな営業のことは頭にないんですよね…

Web制作で稼ぐなら、営業は必須だということは頭に入れておきましょう。

Web制作の主な営業方法3選


主な営業方法は下記のとおりです。

  1. クラウドソーシングでの営業
  2. Web制作会社への営業
  3. エンド営業

結論から言うと

エンド営業が1番オススメです。

ではそれぞれの営業方法について解説していきます。

1. クラウドソーシングでの営業

クラウドソーシングでの営業は、主にランサーズやクラウドワークスを使って行います。

メリットとしては、営業のハードルが低いことです。

営業がネットだけで完結できるので、そこまで大変ではないです。

しかしデメリットは多く

  • 競合が多すぎる
  • 単価が原価割れを起こす
  • クライアントからの無茶な要求が多い

上記のとおり、かなりデメリットは多いので、これからWeb制作で稼ぐならオススメはしないです。

クラウドソーシングをオススメするのは、あくまで案件の流れを知りたい初心者くらいですね。

2. Web制作会社への営業

Web制作会社のメリットは、適切な制作費を貰えることです。

主な営業方法は、Web制作会社に片っ端からメールを送っていきます。(ほとんど返信は帰ってこないです。)

クラウドソーシングよりWeb制作会社の方が、適切な単価で受注できる点でオススメですね。

しかしデメリットを挙げると

  • 制作費以外は、制作会社に中抜きされる
  • 単価が一定のまま上がりづらい
  • 1px単位のサイト作りを求められる

主にこのようなデメリットがあることは頭に入れておきましょう。

あまりコーディングが得意じゃない人はオススメしないです。

3. エンド営業

エンド営業とは、企業や法人などのエンドクライアントへの直接営業のことです。

メリットとしては、高単価で受注できることです。

中間マージンを抜かれないので、手元に入ってくる収益は大きいですね。

デメリットを挙げると

  • 営業ハードルがやや高め

このくらいです。

競合も少なく単価も高いので、個人的に1番のオススメですね。

なお、エンド営業について詳しくは下記の記事で解説しています。
» 【Web制作者向け】エンド営業とは?特徴やメリットを現役エンジニアが徹底解説!

Web制作の営業で上手くいくコツ


これからWeb制作で稼ぐために、営業で上手くいくコツを2つ紹介します。

1. とにかく実戦経験を積む

営業においてこれが1番大事ですね。

営業未経験の人に多いのが、知識だけ頭にあるけど勇気が出なくて実戦経験を積まないことです。

営業が最初から上手くいく人なんていません。私も最初のうちは何度か挫折しそうになりました。

ですが、経験を積んでいけば徐々に慣れていくものです。

初心者でも、経験を積むためにどんどん営業をこなしていきましょう。

2. 目の前の顧客の信用を積み上げる

Web制作において、顧客の信用を積み上げることは収益に直結します。

なぜなら、顧客の紹介で別の仕事を受注することが多いからです。

やはり長い期間稼いでいくことを考えた時に、同じ顧客に丁寧に接することが大事になってきます。

信用は一瞬で崩れる

顧客に対して、仕事を中途半端にやったり適当に対応したりすると、信用は一瞬でなくなります。

1人の顧客の信用を失くすと、仕事が回ってこなくなります。

クライアント同士の繋がりとか、フリーランスの世界は思ったよりも狭いんですよね。

Web制作で稼ぐには、とにかく信用の積み重ねが大事です。

目の前の顧客に全力を注ぎましょう。


まとめ:営業初心者は経験を積もう

舟
ここまで営業について話してきました。

営業について苦手意識を持っている人は多いと思います。私も最初はそうでした。

たしかに普通の人は営業をやりたがらないです。だからこそ営業をすると価値が生まれるんですよね。

特にエンド営業をする場合、営業ができるようになれば月100万も余裕で狙えます。

私もエンド営業で1件150万ほどで受注できました。

これから営業を始める人はとにかく経験を積んでいきましょう。最初はきつくても、慣れてしまえばこっちのもんです。

それでは今回は以上です。

エンド営業については下記の記事をどうぞ。
» 【Web制作者向け】エンド営業とは?特徴やメリットを現役エンジニアが徹底解説!