Web制作の『エンド営業』とは?特徴やメリットを現役エンジニアが徹底解説!

ALL WEB制作 営業・マーケティング

  • 「エンド営業ってなんだろう…」
  • 「他の営業との違いは?」
  • 「エンド営業について詳しく教えて欲しい!」

エンド営業ができるようになると、クラウドソーシングやWeb制作会社への営業に比べて高単価で受注できるため、非常におすすめです。

当記事では、Web制作者向けにエンド営業の特徴やメリットについて徹底解説します。

この記事を読めば、エンド営業について理解できます。

結論から言うと

Web制作で稼ぐならエンド営業1択です。

ちなみに私はWeb制作フリーランスとして活動しており、過去にエンド営業で1件150万の案件を受注した経験があります。

本記事の内容

  1. エンド営業とは?
  2. Web制作で稼ぐならエンド営業1択
  3. エンド営業のゴールは顧客数10~15人
  4. エンド営業はどうやってやれば良いの?
  5. 営業で1番大事なのは、アウトプット
  6. 最後に:本気で人生を変えるならエンド営業

エンド営業とは?

剣
まずエンド営業とは、企業や法人などのエンドクライアントへの直接営業のことです。

身近なもので例を挙げると

  • 地元にある美容院
  • 地元にある個人で経営している飲食店
  • 地元にある中小企業
  • 地元にある歯医者

など、他にもたくさんあります。

実は身の回りにある店はエンド営業の対象なんですよね。

なので他の営業方法と比べて、競合が圧倒的に少ないです。

Web制作で稼ぐならエンド営業1択

女性
結論から言うと、Web制作で稼ぐならエンド営業1択です。

理由として、他の営業と比べて高単価で受注できるからです。

ここで言う他の営業とは、クラウドソーシングやWeb制作会社への営業です。

私自身もエンド営業で1件150万ほどの案件を受注した経験があります。

では、エンド営業と他の営業の違いは何なのかそれぞれの特徴を解説します。

クラウドソーシングの特徴は?

クラウドソーシングの特徴は営業のハードルが低いことです。

営業がネットだけで完結できるので、そこまで大変ではないです。

しかしデメリットは多く

  • 競合が多すぎる
  • 単価が原価割れを起こす
  • クライアントからの無茶な要求が多い

はっきりいって、クラウドソーシングで生活するのは無理です。

競合が多いなか毎月5~6件ほどの案件をこなし、クライアントからの無茶な要求に耐えられますか?

クラウドソーシングをおすすめするのは、あくまで案件の流れを知りたい初心者くらいですね。

Web制作会社の特徴は?

Web制作会社の特徴は、適切な制作費をもらえることです。

クラウドソーシングよりはマシですね。

しかしデメリットを挙げると

  • 制作費以外は、制作会社に中抜きされる
  • 単価が一定のまま上がりづらい
  • 1px単位のサイト作りを求められる

Web制作会社は制作費は適切にもらえますが、それ以外の営業費やディレクション費は中抜きされます。

よって単価も上がりづらく、収入のステップアップはそこまで見込めないですね。

また1px単位でのサイト作りを求められるので修正も多く、コーディング作業が得意じゃない人はきついです。

エンド営業の特徴は?

エンド営業の特徴は、他の営業と比べて単価が高いことですね。

なぜ単価が高いのかというと、直接クライアントとやり取りするので、営業・制作・利益額の決定までの全てを自分でコントロールできるからです。

デメリットを挙げると

  • 営業のハードルがやや高め

このくらいです。

競合も少なく単価も高いので、営業の壁を乗り越えればメリットしかありません。

なので、本気でWeb制作で稼ぎたいならエンド営業1択です。

エンド営業のゴールは顧客数10~15人

仲間
  • 「営業ってずっとやらなきゃいけないの?」
  • 「どこまでやればゴールなの?」

このように思った人はご安心を。

結論として、エンド営業のゴールは顧客数10~15人を抱えることです。

理由としては、保守・運用費から生まれる月額収益で生活できるようになるからです。

エンド営業の受注単価は以下の通り

  • サイト制作代:50〜100万
  • 月額費用:1.5〜3万

要するに顧客が15人いる場合、毎月22〜45万の収入が見込めると言うことです。

ここまで来ると、これ以上営業をしなくても良くなります。

なお、エンド営業のゴールについて詳しく知りたい方は、下記の記事をどうぞ。
» エンド営業のゴールは?【結論:顧客10〜15人でOK】

エンド営業はどうやってやれば良いの?

疑問
初心者の方は、エンド営業のやり方が全く分からないと思います。

私も最初のうちは、やり方が全く分からず不安に思っていました。

ですが私の場合、自分なりに学習法を見つけて取り組むうちに、段々と営業ができるようになりました。

そういった経験を、「エンド営業のやり方を知りたい!」という人のために、別の記事で具体的に解説しています。

これからエンド営業を頑張りたい方にとって、かなり役立つ内容になっています。

詳しく知りたい方は、下記の記事をどうぞ。
» 【Web制作】エンド営業のやり方、おすすめ学習法を徹底解説!

営業で1番大事なのは、アウトプット

人々

みなさんに一番伝えたいことは

ノウハウコレクターになってはダメ

営業のコツとしては、とにかくアウトプットをすることです。

営業初心者にありがちなのは、知識だけ頭にあるけど勇気が出ず、アウトプットを全くしないことです。

教材を読むだけではダメです。とにかく実戦を繰り返すこと。これに尽きます。

私も最初のうちは何度か心が折れそうになりました。ですが、あきらめずに経験を積めば徐々に慣れていくものです。

初心者の方は失敗を恐れず、経験値を貯めるというマインドでどんどん営業していきましょう。

最後に:本気で人生を変えるならエンド営業

ブランコ 女性
最後に伝えたい事として、本気で人生を変えるならエンド営業1択です。

実際にエンド営業は、クラウドソーシングやWeb制作会社への営業と比べて単価が桁違いです。

私自身も、エンド営業で1件150万ほどの案件を受注できました。
  • 「Web制作で人生を変えたい!」
  • 「月に100万を達成したい!」

このように考えている方には、エンド営業は本気でおすすめです。

結局は、やるかやらないかです。

あなたが今の現状を変えたいなら、今日から行動しましょう。

なお、エンド営業のやり方については下記の記事で解説しています。
» 【Web制作】エンド営業のやり方、おすすめ学習法を徹底解説!